2016年12月25日日曜日

年の瀬に


 24日は日本画
25日は洋画

京都市美術館のワークショップに参加

どちらも初体験

しかもたった2時間の悪戦苦闘
それでも
プロの先生の指導は良い経験です

慣れない油絵の具に
迫り来る時間との戦いでした

モデルの子は可愛い人でした



動物園の東入り口が自宅
西入り口が美術館

この通り道が楽しいです




何故か干し柿がいっぱいの園です

帰りの動物園は夕方色でした


高見の見物の猿は年末に何想う


白黒も良いものです

動物園の中から夕日

夕刻は全てかキラキラ
そう、、、今日はクリスマス

田舎から友達か寄ってくれました
嬉しい時間もXmasマジック




2016年12月19日月曜日

勇気をもらうもの


一年半であんなに小さかった一匹の金魚
庭の鉢でこんなに大きくなりました
10cmくらい


今年はサザンカの花がたわわ
可愛い花です


空はいつも色んな表情をしていて
楽しいですね



小さなサボテンも寒さに負けず
小さな花を付けます


小さな新株もいっぱいいっぱい







こんな小さ過ぎる生き物の頑張りに
ホツホツと勇気を頂きます

淡々と今日という日を大切に
元気に創りましょう
2週間前
今は一つも柿は残っていません

メジロも最後まで柿を食べ尽くしました

冬の薔薇褒められなくも凛として
独りならここに呼びたき浮寝鳥



2016年12月17日土曜日

猫猫猫





高島屋へ歳暮ついでに猫展見てきました

従来の招き猫がいっぱいでしたが
こんな変わり種もいっぱいでした

ほんと、気ままな猫らしい作品で
師走の合間を楽しむのもなかなかです





午後は京都市美術館のワークショップに
またまた抽選に当たってしまい

大理石でリンゴを作ろうというものに!

いやーぁ4時間磨き通しで大変でした
それでもずっしり重たいリンゴが完成しました

なかなか良い経験でした
ピカピカで美しいです

イタリアの
アラベスカート、カルペーボラという大理石だそうです









2016年12月12日月曜日

冬空


動物園の夕刻に何想う

自宅へのフリーパスの通り道



小さなガラスの作品が飛ぶ


時間の隙間に何想う

無駄な時間と格闘しています

ワタル君の和紙に
丁寧な作品を作ろうと思っています


自然と遊ぶ
これも立派な作品です


来年は少しお洒落にスイッチON!してみようかな

島田順子さんの言葉に感化されて、、、


空を見上げるのが好きです
朝の色
昼間の色
夕刻の色

小さなトキメキを留めていたい
今日この頃です


2016年12月4日日曜日

京都駅の片面


屋上に上がると透明のフェンスの向こうに
不思議な世界が現れました



今どきの子供達
群れても向かい合うことはない


階段を下りてくる子供達もマスク姿


交差する影



見えてないものを捕らえて
記憶に留める


金星と三日月が近づいた夜でした


光りの天使がいっぱいでした


ガラスに映った私がそこにいました



京都駅は光りの中で
夢の世界を演出していました

見落としそうな片隅に目をやると
思いがけない出逢いがあるものです

そこがなかなかいいね
と思います

白い朝に

今年は 本当にたくさんの花を毎日毎日届けてくれました 柿の木の上に咲くアサガオ 我が家の庭は白く咲く花が多い ついつい選んでしまう白い花達 そしてお彼岸には必ず咲くのがこの花 ...